2018-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第126回例会「近世和歌山の学芸」

和歌山地方史研究会では、下記の日程で第126回例会を行いますのでお知らせします。
会員でなくとも、ご自由にご参加頂けます。

日 時
 2014年6月21日(土) 13:30~
テーマ
 近世和歌山の学芸
演 題
 1、「城下町和歌山の国学」寺西 貞弘(和歌山市立博物館館長)
 2、「近世和歌山の女性の学芸」山下 奈津子(和歌山市立博物館学芸員)
 3、「華岡青洲と近世医学」髙橋 克伸(和歌山市立博物館副館長)
会 場
 和歌山県立博物館 2階学習室(和歌山市吹上1-4-14)※入館料不要です。

第34回和歌山地方史研究会大会について

第34回和歌山地方史研究会大会を、下記の要領にて開催します。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

日時 2014年3月15日(土)
場所 和歌山市立博物館2階講義室(入館料必要)
総会 13:00~13:30
報告 13:30~15:00
   1 小橋勇介「戦国期和歌山平野の荘園の内部構造-和佐荘を中心に-」
   2 新谷和之「奉公衆湯川氏の本拠の景観-小松原館周辺の空間構造-」
   3 内田和典「和歌山太田・黒田第75次発掘調査の成果報告-太田城関連の大溝について-」
講演 15:10~16:40
   三重大学 塚本明氏
   「江戸時代の巡礼文化における熊野古道」
懇親会 17:00~ 於 第二富士ホテル(会費5000円)

例会のご案内(2012年10月7日開催分)

下記の日程で例会を行いますのでお知らせします。

日 時 2012年10月7日(日) 13:30~16:30
報告1 和歌山城における銭貨を用いた地鎮・鎮壇
      北野 隆亮(和歌山市文化スポーツ振興財団)
報告2 和歌山市神前遺跡の発掘調査成果-中世大溝の評価を中心に-
     田中 元浩(和歌山県教育庁)
会 場 和歌山市立博物館 2階講義室 (和歌山市湊本町3丁目2番地)
     ※入館料一般100円が必要です。

【例会開催時に会場周辺及び県内で開催中の展覧会】
・和歌山市立博物館
 江戸時代の加太/城下町和歌山の出版物 10/2~12/2
・和歌山県立博物館
 よみがえる軍艦・エルトゥールル号の記憶 9/8~10/11
・和歌山県立紀伊風土記の丘
 紀伊弥生文化の至宝 9/29~12/2
・紀の川市歴史民俗資料館(帝塚山大学附属博物館共催)
 日・中・韓の古代瓦 8/22~10/14
・高野山霊宝館
 天皇の霊宝-王朝が見た高野山- 9/29~12/16

例会(市博・県博特別展見学会)のご案内

下記の日程で例会(市博・県博特別展見学会)を行いますので、お知らせします。

日 時:2011年11月19日(土) 10:30~15:00

会場1:和歌山市立博物館 (和歌山市湊本町3-2)
内 容:特別展「祇園南海とその時代」の担当学芸員による展示解説
担当者:近藤 壮 氏(和歌山市立博物館学芸員)
時 間:10:30~12:00

会場2:和歌山県立博物館 (和歌山市吹上1-4-14)
内 容:特別展「中世の村をあるく-紀美野町の歴史と文化-」 の担当学芸員による展示解説
担当者:坂本 亮太 氏(和歌山県立博物館学芸員)
時 間:13:30~15:00

・当日は「関西文化の日」で、両館とも入館無料です。
・当日は、それぞれの会場の解説開始時間に、直接ご 集合下さい。市立博物館から県立博物館への移動も、各自でお願いします。
・どちらか一方だけのご参加でも結構です。

それぞれの特別展の内容につきましては、各館のウェブサイトをご参照下さい。
 和歌山市立博物館(http://www.wakayama-city-museum.jp/)
 和歌山県立博物館(http://www.hakubutu.wakayama-c.ed.jp/)

「緊急シンポジウム 根来寺遺跡」開催しました

2011年8月6日(土)に開催た「緊急シンポジウム 根来寺遺跡」の概要

<基調報告>(2:05~3:30)
●海津一朗氏(和大教育学部教授)基調報告1 2:05~2:25
 ★2004~2006根来寺部会の活動より 170箇所の発掘地点データ集積
 ★7学会合同要望書以前と以後(総括)
 ★大歴要望と日考協要望 回答の意味するもの 今日の会の持ち方について

●武内雅人氏(和大客員教授)基調報告2 2:25~3:20
 ★今回遺跡のある蓮華谷川(中世西谷川)西側の尾根の微地形を読む。立地の意義。
 ★今回遺跡の遺構を読みとく-城郭機能-
 ★発掘調査の問題点

●鳴海祥博氏 基調報告3 3:20~3:30
 ★遺構の構造
 ★出土した下の屋敷地の機能
 ★試掘の範囲について

<討論・コメント>(3:30~3:50)
 ★参加者のなかから6名のコメントとそれを受けての討論

<フリー討論>(3:50~4:50)
 ★参加者と報告者とのフリー討論

<まとめにかえて>(4:50-5:00)

«  | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。