FC2ブログ

2017-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第37回和歌山地方史研究会大会(2017年3月5日)について

第37回和歌山地方史研究会大会を、下記の内容にて開催します。
会員・非会員を問わず、どなたでもご参加いただけます。皆様のご来場をお待ちいたしております。

日  時 2017年3月5日(日) 13:10~16:50
会  場 和歌山県立近代美術館2階ホール (入館料不要)

総  会 13:00~13:30
報  告 13:30~15:00
      「近世高野山の「山之堂」について」 矢野 治世美 (和歌山人権研究所)
      「徳川治宝の洛外寺社参詣」 砂川 佳子 (県立文書館) 
講  演 15:10~16:40
       「神像研究の動向」 伊東 史朗 (県立博物館館長)
      ※日本における神像研究の第一人者であり、このたび刊行が開始された
       『神像彫刻重要資料集成』(国書刊行会)の総監修を務める伊東史朗氏に、
       神像研究の最前線の動向についてご講演いただきます。

懇 親 会 18:00~ (懇親会費5400円)
      会場 ブリングブックストア(県立近代美術館2階)
スポンサーサイト

和歌山地方史研究会第136回例会「展覧会と美術史研究」のお知らせ

和歌山地方史研究会では、下記の日程・内容で第136回例会を開催致しますので、お知らせします。
みなさまのご参加をお待ちしております。

第136回例会 特集「展覧会と美術史研究」
日 時 2017年2月4日(土) 13:30~16:50
◎13:30~14:30(例会オプション、入館料必要、自由参加)
 企画展「有田川中流域の仏教文化」展示解説 (於企画展示室)
 担当:大河内智之氏(和歌山県立博物館主査学芸員)
◎14:45~16:50(入館料不要、和歌山県立博物館2階学習室)
報告①「江戸時代の紀州画壇―展覧会を終えての新知見―」
   近藤壮氏(和歌山市教育委員会) ※14:45~15:45
報告②「草堂寺をめぐる僧と画家のネットワーク―『蘆雪潑剌』展の成果―」
   袴田舞氏(和歌山県立博物館学芸員) ※15:50~16:50
会 場 和歌山県立博物館 (和歌山市吹上1-4-14)

«  | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。